ゲームばかりして時間のムダ!は子どもに伝わってる?

保護者向け講座でグループワークをして、お互いの悩みや不安を共有していると必ず出るのが「ゲームばかりして時間のムダ!」と言う声です。

でも、きっと子どもはゲームをしていても楽しくて楽しくて、時間のムダなんてこれっぽっちも思ってなさそう。それを一方的にムダ!と決めつけられると反発しますよね~。

親としては、その年代年代で経験して欲しいこと、考えて欲しいことがありますよね。
でも、それって大人になった私たちだからわかることじゃないでしょうか。あの時こうしていればよかったという後悔の念もちょっぴり混じって。

小さい頃から夢に向かってまっしぐらな子もいます。
でも自分の子どもの頃を思い返すとほんの先さえ想像できていない。聞かれれば大人になったらケーキ屋さんになりたいなんて言っていましたが、本当にぼんやりとした子でした。
先をイメージできていなかったので、時間をムダに使ったら将来どうなるのかなんて考えが及ばなかったかな。

ゲームばかりじゃなく色々な事に興味を持って欲しいのならば、わが子が夢中になりそうな別の選択肢を示してみたらどうでしょう。
うちの子だったら体を動かすことかな、ペットに興味を持つかな、料理?意外とお勉強?(笑)親の思惑どおりにならないのが子どもですから、提示したものにはまらなかったとしても、何かの経験がマイナスになることは少ないでしょう。

子どもが言うこと聞かないって心が摩耗しますよね。そんな時は言い続けてゴリ押しでやめさせようとするのではなく、作戦変更もありだと思いますよ!


Tagged on: ,